映画沈黙SILENCE

っということで、ようやく沈黙SILENCEを観ました。

キリスト教徒であった遠藤周作の小説の映画化。

難しい映画である。

いや、解釈が難しいというのではなく、遠藤の問いかけになんと答えるか、それが難しいのである。

遠藤の問いは簡単である。

なぜ神は沈黙を守るのかだ。

キリストも十字架の上でこの問いを発した。

キリストに対してさえ沈黙したのだから、いわんや一般ピーポーに対してをやである。使いかた変?

祈れば救われると説いているくせに、イザとなったら見放すのかよ?っと言いたい気持ちはよく分かる。

ぼくはキリスト教信者でないので、それほど真剣には返事を期待しない。

都合の良いときだけ神に祈るけどね。

こう言っちゃ身も蓋もないだろうが、この映画が問いかけている本質は、信者でない者には理解できない。

上で書いたように、祈りの真剣度が違うからである。

棄教することの本当の痛みは信者でなければ理解できない。

そして、いくら日本が舞台でも外国人が作った映画が問いかけるものも、日本人である我には理解できない。

残念なことだけれど。

同時に、日本人作家の原作でも、外国人のフィルターを通して出来上がった映画を外国人が観てどう感じるかは分からない。

そうは言っても、この映画で描く日本はそれほど異様ではない。

かなり偏見にとらわれずに公平に描いていると評価して良いだろう。

予想に反して、日本人の役者がいい演技をしている。

ピカイチはイッセー緒方の演技であろう。

最初、亡くなったはずの植木等だと思ってしまった。(

チョイ役の小松菜奈という女優がなぜか目立ったなぁ。

窪塚洋介浅野忠信も良かった。

ってなことで、分からない、理解できないで終わるのは面白くないので、ちょっとだけ解釈を。

遠藤周作もこの作品を書いて、回答を得られたのではないことは確かだろう。

じゃあ、その問いかけを続けることは無駄なのだろうか?

神は沈黙を守るけれど、それを知った上で問いかけることは意味のないことだろうか?

諦めずに何度も問いかける。

そして、心の中で葛藤する。

そのこと自体に価値があるのではないだろうか。

それこそが宗教の意味効能?ではないだろうか。

史実として、クリストァンフェレイラ神父は棄教した。

棄教したどころか、幕府の方針に積極的に協力して、他の信者に対しても棄教するよう活動したのである。

しかし、彼は死ぬまで葛藤を続けたことだけは間違いないだろう。

神父であるが故にその葛藤はより深かったことだろう。