Redhatrootにスイッチ可能なユーザを制限する

suコマンドは他のユーザにスイッチする便利なコマンドです。特に普通は通常ユーザでログインし、必要時のみrootに昇格するとよいでしょう。なぜなら常にrootで作業すると、うっかり設定ファイルを壊したり環境を壊したりするからです。

ただしどのユーザでもrootでログインさせるとよくないでしょう。一応rootはパスワードでガードされていますが、セキュリティ上よくありません。

rootにswitch可能なユーザを制限する方法を紹介します。

rootにスイッチ(su)出来るユーザを制限する