練習60パターグリップ交換アイアンライ角調整

今日は夕方に伊勢原ゴルフセンターへ。

先にさんでクラブ受け取り。

パターは島田JSP70-160JOP3-0からNSXXIPD-2エリートRS74へ。

総重量は585gとずいぶん軽くなった。普通よりちょい重いぐらい。

アイアンは7I8Iのライ角を調整、6Iは先日調整したんで

6I605615

7I6106125

8I615620

9I620そのまま

と025度刻みへ。

ビミョーっちゃビミョーだけどこのほうが抜けがいいのが現実。

先日のショットマーカーの色の付き方からすると多分バウンス後方の形状の関係なのかな?

ホントはベルト当ててバウンス後方の標高落とせばライ角変える必要ないんだろうけどね。

とはいえやり直しがきかないんでいきなりやるのには抵抗がある。

リセールバリューがあるうちはやりにくいかなww

今日は久にANSERKBS90Sを持ち出して打ち比べ。

黒いグリップがANSER6I7I。

最初はあまりi200の許容度感じなかったけど久に並べて打つとやっぱi200のほうが芯広いね。

当たった球はANSERのほうがいい。

というかMODUS105Sがちょっと緩すぎて掴まっちゃってイメージよりも右に出ちゃうのかな。

といってもKBS90はキツいんだけど。

MODUS105Sを1番手キツい方向に番手ずらしとか、番手そのままにチップ025-05inchカットとかすれば結果良くなる気もするけど金かけてまで試すべきかどうか決心つかん。

その後1。

50-60yぐらいのビミョーな距離、でクォーターショットするよりもでアプローチ感覚で打ったほうがケガが少ない気がする。

一回実地で止まり方とか試してみる価値あるかも。

何ヤードランがあるか分かればラウンドで使い分けしやすくなるよね。