愛のためなら??

おれさまVSむしば

うぅぅ〜

頬を押さえながら、ミニョは蹲る。

ミニョ、どうした?

テギョンの声に焦ったミニョはおっぱぁ〜と振り返る。

歯が

心なしか瞳が潤んで吸い込まれそうなのを制し、テギョンは歯医者に行くぞと

ミニョの腕を取る。

その途端、もの凄い力で抵抗するミニョ。

イヤ〜イヤ〜イヤ〜

その様子を見、テギョンは腕を放す。

歯医者が怖いのか?

だって、痛いですし。あの音が、むぅ〜

頬を押さえて上目使いで見てくるミニョを見たら、テギョンも良いよと言いそうになるのをグッと堪えて、

そんなに嫌なら別に行かなくても良いんじゃないか。

テギョンの言葉に痛い歯を気にしながら、ほんの少し助かったとホッとしたが、

虫歯のある女とはキスなどしたくない

テギョンの一言で、真っ赤だった顔は段と青ざめて挙動不審になるミニョは、

アタフタと出掛ける用意をして歯医者に向かった。

その様子を見ていたテギョンは口端を上げてクッと笑った。

PS

はい〜おばか〜

美男のキャラがなんかヘン、でーぶいでーもっかいみないとこりゃだめだ