下書き3

サッドネス:怒りと言う物が、ございましてな?

ラフター:フムフムッ。

サッドネス:腹が立つとですよ。

ラフター:別に、気にしなくていいんじゃないの?怒りが収まるのを、待てばいいんでしょ?

サッドネス:だけど、この、溢れそうな想いは?

ラフター:可愛い女の子とかに、そっと抱き締められたら、オッケーな感じだね?

サッドネス:まあ、それはそうなんだけどさぁ?

デス:言いたい事が、あるんだろ?

サッドネス:フムウッ。困っていたナリ。自制心と言う物を、果たして、どこまで持っていられる事が出来るか。

デス:そんなの、墓場まで持ってけよ?

サッドネス:フムウッ。それは、難しいナリ?

バラード:意外と、簡単なんだよ?人に、助けて貰えばいいんだ?味方や仲間は、沢山、いるんだからさ?何でも一人で抱え込んでしまうのは、サッドネスの悪い癖だよ?

サッドネス:フムウッ。しかし、今日の怒りは、今日中に解決したいでしょう?

アンガー:それな。さっき、想像地図を書いて、解決した。概念声は、怒号鬼だとよ?怒りを表す中声が怒号で、鬼の様に怒っているため、大声は鬼の声で、小声が、怒号鬼。ちょっと変な気もしないではないけど、成り行き的には、問題ないかな?

バラード:気持ちの整理って、大変なんだよね?誰でも、きっと、苦労する事だよ?

サッドネス:苦労しましたナリね。

デス:想像地図を書いて、解決したんだろ?オッケー的にさ?

サッドネス:後は、ここに、書き表される事が出来て、漸く、腹の虫も収まると言う物だよ?

アンガー:だけど、不味いな?感情のコントロールが出来ないと、この先、身を持ち崩すぞ?もっと過酷なシーンは、頻発するはずなんだ?今まで味わった事もない様な、苦しみの瞬間がね?乗り越えられるのか?

ラフター:そこは、一致団結したらいいんじゃないの?それに、最終的に駄目になって、命を失っても、それはそれで、しょうがないんじゃないかな?

サッドネス:フムウッ。しかし、生きていたいのだ。

デス:何で、生きていたいんだ?

サッドネス:楽しい事とか、美味しい物とか、そう言うのが眩しいから。

バラード:生きるのは、楽しい?

サッドネス:概ね、楽しいと考えておるよ?

デス:じゃあ、最初から、怒る意味、なくないか?長生きしたいんなら、リスクは減らした方が、いいんだろ?

アンガー:頭を冷やして冷静に。6月の標語なのかな?

広告を非表示にする