夢日記、17.05.24

ヘンな夢だったので書く。

昼休みに近くに焼き肉屋を見つけて、少し迷った後、入店。少し迷ったため二、三人の客と同時に入ることになり、座敷の一番奥に通された。すると家族の生活スペースのため、そこの子供がいる。ふと振り返ると座ろうとした所にも子供がいる。話をしてみたら、そっちの子供は幽霊らしく、とくに決まった幽霊がいるわけではないが、そのあたりに何体か来ることがあるらしい。

その後660円の焼き肉ランチを注文するが、お店の人が「よく考えて食べたいものを注文してくれたらいいから、ゆっくりでいいから」というので、もう一度席に戻って考えているうちに昼休みの時間がなくなり、人がいなかったのでだまって店を出た。

少し遅れて元の場所に戻るが、用事がすぐに終わったので時間に余裕があり、また焼き肉屋に行こうとする。すると出口の食堂で友人二人が出汁に浸かったマグロのようなものを食べようとしていたのでネギマ鍋だと思い、僕も注文に行く。

すると赤身の魚がないと言われるが、「やっぱりマグロじゃないと」と言うと、女将さんが機嫌を悪くしながら赤身を出してくる。そして友人を通じて、店頭に並んでるのは古いからじゃなくて解凍を待ってるだけなのに、というような愚痴を聞かされる。

その友人は大学時代の友人で、店頭の鉄板で焼かれている魚を店のばあさんがうまく返せないので彼が返しはじめる。

次になぜか視点がテレビを見ていることになり、そこに尾崎豊が少し歳をとって出ている。テンションが高くて明るい。見ている人が、あ〜あ、また捕まるね、この人は、と言っていたのが印象的。

その後その友人に占いのビデオを見せられる。友人について、この人は世の中に迷惑をかけるであろうけど、悪い人じゃないのでがんばろう、などと表示がされ、そうだろうなぁと思う。

その後そこを出たら高野山にいて、高野山って夏は暑いよなという会話に入っていったが、また焼き肉屋に行こうと移動。

すると、トランプ大統領の娘みたいなセレブな女に連れて行かれて豪華な部屋でイチャイチャしようとしてくる。

しかしTシャツは気に入らないから着替えろと言われ、胸のあたりがヒモで結ばれている襟のついた妙に格好いいシャツに着替えさせられる。

すると前のソファに座った外国人から「お〜、ブルースリ〜」などともてはやされたので、得意になってアゴをしゃくらせて顔マネをしていると、トランプの娘風が窓から飛び出して、何mも下にあるオープンカーに飛び乗って走り去ってしまう。

私を捕まえて、という意味だとわかってこちらも窓を飛び出るが、すでに走り去っていたので裸足で玄関から部屋に戻る。ちなみに場所はハリウッドで、時々映画で見るハリウッドの文字の看板がある山の上に豪華ホテルがあって、その山の下の街をトランプ娘風が走り去る感じ。

さて、部屋に戻ると、FBIかなにかが娘の風呂に入っている時の会話に薬物の隠し場所のヒントがあるとかなんとかやっている。

どっちの味方をしたらええんだろか?などと思いながら目が覚めた。

風邪で対象が悪いので変な夢を見るな。

広告を非表示にする