バトルビースト、ロウヒモ、インタビュー4

ALL邦楽洋楽AV&楽器

TOPへ戻る

ALL邦楽洋楽AVローランドタスカムLITE 360°フォトいい音爆音アワー音踊人(Odoru-Beat)歌謡情報センターアーティスト TOP 100チケット&グッズPR TIMESメールマガジンMy BARKSプレゼント過去記事アーカイブBARKSについてヘルププライバシーBARKSへのお問い合わせPC版で見る

メニューを閉じる

人気のニュース

B’z、4曲入りダブルAサイドシングル「声明 / Still Alive」を6月リリース

wyse、13年ぶり全国ツアー開催を発表+「Re-Light」MV公開も

ピットブル、来日公演中止

HOMEBattle Beast

【インタビュー後編】バトル・ビースト「いつだって1980年代スタイルのヘヴィ・メタルよ」

(2ページ目/全4ページ)

2015-05-10 23:33:30

──ヘヴィ・メタル・ヴォーカルを修得するのに、どんなことをしましたか?

ノーラ・ロウヒモ:まずは前任者のニッテ(・ヴァロ)のスタイルを聴きながら練習したわ。でも同じように歌うのではなく、どう自分なりのカラーを加えるかを考えた。既にニッテというシンガーは存在するから、2人目は必要ないでしょ?それから自分のライヴを撮影して、後になって見返している。そうして脳のワークアウトをすることで、より良いパフォーマーになろうとしてきたのよ。もちろん自分がヘヴィ・メタル・シンガーとして完璧だなんて思ってもいない。歌い方もステージ・パフォーマンスも、学ぶべきことがたくさんあるわ。

──自分のステージ・パフォーマンスをビデオで見て、具体的に役立ったことは?

ノーラ・ロウヒモ:ステージ上を動いて、お客さんとコミュニケーションを取るのは大事だけど、セカセカ動きすぎだと迫力がなくなってしまうことに気付いた。ステージ中央に仁王立ちして、小節を突き上げた方が効果的なこともあるのよ。それから、ステージの左右どちらかに偏らず、全体をカバーするようにしている。人間は右利き、左利きがあるから、どちらかに偏ってしまう傾向があるのよ。

──これからバトル・ビーストがどんな音楽性に向かっていくのか気になりますが、ニュー・アルバムについて何か話せることはありますか?

ノーラ・ロウヒモ:バトル・ビーストの音楽性は、いつだって1980年代スタイルのヘヴィ・メタルよ。アクセプトやジューダス・プリーストアイアン・メイデンから影響を受けたピュア・メタルね。次のアルバムではその路線をさらに一歩踏み込んだ、セカンド・アルバム『バトル・ビースト』(2013)に最高のメロディを加えたようなアルバムにしたいと考えている。

──“1980年代スタイル”というのは、どの程度意識していますか?

ノーラ・ロウヒモ:1980年代スタイルのヘヴィ・メタルはもちろん、当時のようなシンセを取り入れているのも、バトル・ビーストの個性であり、強みだと思う。「タッチ・イン・ザ・ナイト」みたいな曲は、“モダン”なバンドにはできないでしょ(笑)。「タッチ・イン・ザ・ナイト」は“ダンス・メタル”と呼んでいるのよ。それは決して悪いことだとは思わない。パワー・メタルも好きだけど、大勢のリスナーが踊れて、ハッピーな気分になれる音楽をやることには意味があると思う。この曲をアルバムから先行公開したとき、賛否両論があった。「従来の枠に囚われない、さすがバトル・ビーストだ!」と言ってくれた人もいるし、「こんなの最低だ!」と非難した人もいたわ。でも、彼らのそんな熱い想いを呼び起こしたという点で、「タッチ・イン・ザ・ナイト」は成功したのよ。「えーと、まあ、いいんじゃないの?」と言われるよりも、彼らは強い感情をぶつけてくれたわ。

(現在2ページ目/全4ページ)

前へ次へ最初のページに戻る

関連ニュース

【インタビュー】バトル・ビースト「いつも自分達の限界を少しずつ広げていく」GYZE、34公演にわたるEUツアーへバトル・ビースト、2月にニューアルバム発売【インタビュー前編】バトル・ビースト、メイン・ソングライター脱退の危機バトル・ビースト、ミート&グリート決定

今、あなたにオススメ

【インタビュー後編】バトル・ビースト「いつだって1980年代ス...

2015/05/10

あのGACKTが女性にも推薦!筋トレいらずのダイエット法とは?

PR(ieeey)

アースシェイカー、超名盤『FUGITIVE』の完全再現ライ...

2017/05/07

バトル・ビースト、2月にニューアルバム発売

2016/12/22

【インタビュー】バトル・ビースト「いつも自分達の限界を...

2017/02/14

バトル・ビーストが放つ、王道ヘヴィ・メタル・スピリッツ

2014/11/30

【41歳】2ヶ月で10代のような透明感とプルプル感の肌を手に入...

PR(Happiness Woman)

バトル・ビースト、ミート&グリート決定

2015/02/22

Shinya(DIR EN GREY)、羽を背負う

2017/05/06

ブルース・ディッキンソン、アイアン・メイデン博物館を検討

2014/07/08

Recommended by

関連アーティスト・タグ

Battle Beast洋楽インタビューHR/HM

この記事を共有する

TwitterFacebookLINE

MOSHIMO大成長の裏で「最近ずっと戦闘モード」2017-05-10

<ZIMA MUSIC FIGHTERS>DJ REN vs アイドラ2017-05-10

蓮花3rdシングルに「桜と雪が融合するような美しい情景を」2017-05-10

KASABIAN【インタビュー】原点回帰の王道ギター・ロック作品2017-05-10

KAMIJO壮大・叙情的という意味のエピックを目指した最新sg2017-05-09

谷山浩子果てしない深みを軽やかに体感させてくれた記念ライブ2017-05-08

EARTHSHAKER名盤『FUGITIVE』の完全再現ライブイベントが決定2017-05-07

カイワレハンマー「ハードルを越えている自信はあります」2017-05-07

DERLANGERkyoが語る、「これはもう向かうところ敵無しですよね」2017-05-05

DIR EN GREY新宿ユニカビジョンでピエロとディルがライブ映像公開2017-05-03

ARTIST PICKUP

ARTIST RANKING

Bz

VAN HALEN

Rickenbacker

Pitbull

wyse

アーティストランキング一覧全アーティスト一覧

【詳細レポート】BREAKERZ×GLAY、「今日はDAIGOくんに寄せて歌うよ」

2017/05/07 20:00

【レポート】POLYSICSトークライブ<DAY3 -進撃のトイス->「続...

2017/05/02 21:25

【レポート】POLYSICSトークライブ<DAY2 -トイスの覚醒->「東...

2017/05/01 18:30

【レポート】POLYSICSトークライブ<DAY1 -トイス前夜->「改め...

2017/04/30 20:00

【インタビュー】Lacryma ChristiのHIRO、ソロアルバムを語...

2017/04/28 20:45

BARKS 公式SNSアカウントを

好きなジャンルでフォロー!

Twitter:邦楽Twitter:洋楽Twitter:V-ROCKTwitter:アイドルFacebook:総合Facebook:V-ROCKFacebook:アイドル

2017 Japan Music Network, Inc.