北上中

先週末の暖かい夜に月参りにでかけた。

もう春本番の暖かさになってきたので、そろそろムシも活動をはじめただろうと期待も膨らむ。

ところが、目にするムシはどれも1cmに満たない“小ムシ”ばかり。(写真左)

羽虫と思って撮影して拡大すると、馴染みのないカワゲラ類だったのが唯一の目新しさか。(写真左・上中)

壁の隙間にムシの気配がしたので覗き込んでみると、やっと1cmを超える大きさのムシを発見。

暗くてよくわからなかったが、シルエットでは何となくクサギカメムシっぽく感じた。

写真に撮ってみると、どうやら一回り大きなキマダラカメムシのよう。(写真右)

こいつは外来のカメムシで、温暖化と共にせっせと日本列島を北上中。

ここは真冬には氷点下5度にはなるハズだが、屋外でも物陰だと越冬に支障はないようだ。

逞しいムシたちが、ジワジワと北に向かっている。

広告を非表示にする