読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オアフへ

化学療法を終えて

一旦退院するまで

外泊は二人で過ごすことが多かった

そして、苦しい副作用を乗り越えて

一旦退院することになった

彼は定期的に旅行や観光に連れて行ってくれた

新しいデジタルカメラを買い

私と巡った名所の写真を

二人だけのホームページにアップして

奈良の室生寺

六甲牧場

長崎のハウステンボス

至るところに行って

美味しいものを食べ

その写真や日記をアップする

それが彼の楽しみになった

ある時彼が

ハワイに行こうよ

凄く気持ちいいよ

と言った

何泊くらい?

と聞くと

一週間くらいゆっくりしようよ

私はなんとか夏休みをとり

彼に旅行代を預けた

ハワイに向けてネイルサロンでネイルを堪能して

飛行機はビジネスクラス

はじめてのビジネスにテンションはあがる

彼はご機嫌になりたくさんワインを飲み

時差ボケなんて関係ないというくらい

ぐっすりと手をにぎりながら休んだ

飛行機からは青い海がみえる

日本とは違う青い青い海

オアフ島の空の下で

陽気な空気が二人を解放的にしてくれた

ここには病気のことや

不倫のこともだれもなにもいう人はいない

たった二人きり

彼はお得意のパソコンを駆使して

美味しい御飯やさんを検索してくれた

ホテルのプールで泳いだり食事へいくのに

ビキニやムームを調達

調達したムームをきてハワイを歩く

はじめてビキニをきて二人でホテルの

プールではしゃいだ

溺れかけの平泳ぎに笑う彼

ひどい、私泳げないのに

浮き輪に乗る私にぶら下がって泳ぐ彼

初めてみせる満面の笑顔だった

英語の流暢な彼が店員さんと楽しそうに

話す

私は話せないなりに

何日か滞在するうちに

相手の話すことがわかるようになった

時々彼に

今の店員さん、こう言ったから

今の会話は変だよ

と指摘すると

凄いね、英語わかるやん

と言われて得意げになった

一日だけ彼が不機嫌になり

別行動しようと私が一人

アラモアナショッピングセンターに飛び出した

彼は心配してずっとホテルにいたらしい

私がお土産を買ってくると

ギュっと抱きしめて

心配したよ

大丈夫だよ、ごめんなさい

と仲直り

そしてドレスコードのなか

彼にエスコートされて

ホテルでフレンチを食べた

ホテルからは夜の海が広がり

浜辺を散歩

ビーチのバーでブルーハワイと

ソルティードックを頼み二人で飲んだ

ビーチではハワイアンの心地よい演奏と

フラダンスを堪能

ホテルまでにはヤシの木にハンモックがあり

二人でハンモックに揺られた

美しい南十字星がキラキラ輝いて

浜風が心地よく二人でそっとキスをした

翌日はマウイ島

幸せな時間…

広告を非表示にする