パッセンジャー

昨日は仕事帰りにこの日公開のジェニファー・ローレンスクリス・プラットW主演の『パッセンジャー』を観てきました

120年に及ぶ長期間航行の人類移住プロジェクトによって、5000人の乗客を人工冬眠状態で運んでいる巨大宇宙船の中で、約90年も早く目覚めてしまった男女の運命を描いたSF大作

宇宙ものの作品には珍しくない“孤独”をテーマとした作品の中でも、特に人間の感情面と男女の愛を大きく取り扱った作品です。

さて、ここからは物語の後半以降のネタバレに触れない範囲で感想などを書きます

5000人の中で偶然目覚めてしまった2人が惹かれ合っていく…というならこの上なく切ないロマンチックかも知れないけど、残念ながらそこはちょっと違うε=( ̄。 ̄;)

実のところ、人工冬眠ポッドの故障で目覚めてしまったのはクリス演じるジムという男のほうだけ。

たった1人だけ90年も早く目覚め、孤独なまま船内で生涯を終える極度の絶望感に打ちのめされたジムに、もう1人のジェニファー演じるオーロラという女性は、冬眠中に一目惚れされてしまい、孤独から解放されたい彼が苦悩の果てに事故を装ってポッドを壊して目覚めさせてしまうのです

ジム同様当初は混乱し絶望していたオーロラも、やがて同じ境遇のジムと親しくなり愛し合うようになり、絶望の中で幸せな時間を過ごしていた…が、予想通りオーロラがジムの身勝手で目覚めさせられたことがバレて、愛情は憎悪に急変Σ( ̄ロ ̄lll)

最終的には2人の人間関係どころの話ではない、全乗客の運命を左右する最悪の危機に巻き込まれるけど、続きは観てのお楽しみ

展開としては王道な流れではあるけれど、非常に安心して観れる内容でした。

自分の都合で一目惚れした赤の他人の人生を奪ったジムを身勝手な男と非難するか

死ぬまで永遠に孤独という境遇の彼に同情するか

ジムがオーロラを起こした選択については、観る人によって感想が別れそう

個人的にはあともう一押し何か面白い要素というか展開があるとなお良かったなという感じはするけど、総合的に見て楽しめた作品でした( ̄∇ ̄)

広告を非表示にする