読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体外離脱的な1コマ

私は、よく体外離脱をします。

世間一般でいう肉体を伴ったかのような

幽体離脱ではなく、

意識を飛ばす感覚を持つものです。

個人的には、アストラル投射の

向こう側にあるものと解釈しています。

空間認識を持ちますし、

低い階層では、霊的な存在との戦闘時に、

痛みが肉体側にもダイレクトにきます。

高い階層では、霊体はエネルギー体へと変化し、

ある意味、形を真っ二つにされても、

全く痛みが無く、すぐ修復ができます。

エネルギー体は、意思の強さがものをいうため、

心が折れなければ、形(枠)が壊れても、

さほど問題にならないという事になります。

さてさて、昨日の朝のことですが…

通勤電車に乗車中、少し目を閉じると、

いつものように、霊的な存在が

コチラへどうぞ、と言わんばかりに、

腰を屈めている姿が視えました。

これまで、体外離脱したくないとか、

人間的な感情が渦巻くときに、

様々な方法で抵抗してみたものの、

結局、行かざるを得ない状況になったので、

最近は抵抗せず、視えるままに、

体感するままに、任せています(´-ω-`)

誘導役として現れた霊的な存在は、

白い菩薩っぽい姿でした。

私が意識を飛ばすと、白い菩薩も付いてきて、

グレーな空間トンネルを

しばらく飛び続けました。

白っぽく広がった空間に出て止まると、

一部分だけ、空間の切れ目があり、

黒っぽい亜空間が視えました。

白い菩薩が誘導するままに、

切れ目の中へ飛び込み、

真っ暗な宇宙空間を移動しながら、

ある地点が視えたと同時に、

見知らぬ建物内へと入って行きます。

ある広間に出ると、真正面に、

デッカイ黒っぽい仏の姿をした、

霊的な存在がいました。

横を見ると、誘導役の白い菩薩は、

みるみる姿が変化していき、

黒っぽい狼のような姿に変化しました。

黒っぽい仏が、

ココが、闇の入り口であると言い、

これまで私が関わってきた霊的な経緯などを、

報告書を読むように伝えてきました。

話し終え、黒っぽい仏が、

金の鈍色をした○○○を差し出したので、

私が首を横に振ると、

すばやく私の手を掴み、

無理やり○○○に押し付け、

私の手形のようなものが現れました。

黒っぽい仏が、どうだ?と、

ニヤッと笑います。

私は、手形が付いた場所に手をかざし、

左から右へと流し、手形を消します。

真の光側にいるものは、

○○などに左右されない、か…

そんな事を言いながら、黒っぽい仏が、

光と闇の世界について話を始めたので、

しばし、やり取りなどしました。

最後に、黒龍(闇の霊力)を授かる事になり、

為すべき事を為せ、とか言われ、

横にいた狼の背に飛び乗り、

その場を去りました。

亜空間を抜け、地球が見えてきたところで、

狼は私を下ろし、ここまでだという感じで、

去って行きました。

私も地球へと降りて行き、体外離脱を終え、

電車内の自分へ意識を戻しました。

こうして書いてみると、

めっちゃ長文になってしまうのですけど、

体外離脱した時間は、4・5分程度かなと思います。

体感的に、こちら側と向こう側の世界とでは、

5倍以上の時間の乖離があるような…?

ともあれ、我ながら、

珍しい体験をしているな〜とか、

呑気に、つらつらと考えております(´-ω-`)フフ

いつか、これらの体験を書籍にして、

出版なんぞしてみたいものデス(笑)。

ではでは。

アストラル投射 - Wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AB%E6%8A%95%E5%B0%84

広告を非表示にする