読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界ジュニア選手権2017 女子フリー

 ・・結果から見ると、ショートそのままの

 順位に終わりましたフリー。

 緊張感が覆ったことで、少しばらつきが見られた

 シニアに対して、

 ジュニアの安定度はおそるべき将来性を

 見せてくれていたように思えました。

 本田真凛、引退か、との談話も出ていた

 大会後、

 そのフリーの演技は二位にとどまった戸惑いも

 見せつつ、

 本人は出し切ったという演技は、

 華麗ながら、演技面と技術面がうまく噛み合わない

 側面も要所に見られました。

 まだまだ改善余地はあるように思います。

 坂本花織、

 こちらも伸びやかに最終滑走を

 滑るという潔佐を見せてくれました。

 全体に細やかさがもっと出ると

 よくなりそうです。

 そしてザギトワ、

 思わず二度見てしまいましたが、

 丁寧な滑りの中、やや演技面でぐらつきつつも、

 おそるべき高度なジャンプ、スピン、ステップ。

 オリンピックでぶつかることも予想される

 メドヴェデワとの一騎打ちへと磨きが

 かかるかもしれません。

 白岩優奈もそれこそ今できること

 を存分に出していたと思います。

 この勢いは

 疑いなくシニアの男女共々、

 最も注目すべき部門となっていると

 思える大会です。