読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西武鉄道が横浜アリーナを子会社化

3月3日、横浜アリーナ保有株式について。キリンHDが保有する発行済み株式58.8%のうち、46.2%を西武鉄道に、4.2%がアミューズに譲渡し、横アリは3月下旬から西武鉄道の子会社になる発表がありました。

横浜アリーナは、横浜市政100周年・開港130周年の記念事業の一環として建設された多目的イベントホール「横浜アリーナ」の運営管理を行う企業として1986年11月に設立。キリンHDは、「コト消費の盛り上がりにより、コンサートなどライブ・エンターテインメントの需要は増し、客のニーズの多様化にともない、施設運営者にはよりきめ細かいサービスや施設の利便性向上が期待される」とし、西武鉄道保有株式の8割弱の譲渡を決めた。

横浜アリーナに設立当初から資本参加している西武鉄道は、「株式を追加取得することで、当社の強みを最大限発揮し、横浜アリーナ周辺にある新横浜プリンスホテル、新横浜プリンスペペなどと連携を強化。新横浜エリアの事業基盤を一層強化する。また、横浜アリーナの営業力を活用し、西武鉄道沿線のメットライフドーム(西武ドーム)などに、コンサート、スポーツイベントなどを誘致する」という。

またアミューズは、「横浜アリーナ設立当初より同アリーナを継続的に利用、長年にわたって数多くのアーティストのコンサート、各種イベントを開催してきた。近年、ライブ市場が拡大しているなか、施設運営のニーズは一層高まると考える。今回の株式取得により施設運営のさらなるノウハウを吸収しつつ、総合エンターテインメント企業として横浜アリーナ社にあらたな付加価値を創造する」とコメントしている。

「株式譲渡は2017年3月下旬を予定」とキリンHD。3月25日には、西武鉄道の40000系による有料座席指定列車「S-TRAIN」が運行開始。平日は所沢〜豊洲間、土休日は西武秩父と横浜の元町・中華街の間を結び、新たな電車やエンタメ運営で西武鉄道の“横浜進出”がすすむ。