詩(104)ー卒業ー

春の匂いが

もうそこまで

来ているよ。

描いた夢を

叶えるために

歩いてきたこの道。

太陽の陽は

少しずつ

暖かさが

増していく。

たくさんの

「ありがとう」が

胸をいっぱいにする。

僕は

「此処」から

歩いていく。

新たな道を

一歩ずつ。

一歩ずつ。

広告を非表示にする