【揺花草子。】<その1852:ドキュメント2.14 #8> [自動転送]

 【揺花草子。】<その1852:ドキュメント2.14 #8>

 Cさん「・・・と言うわけで現場に入るや否や

     いきなり正座させられてる阿部さんだけれども・・・」

 Aさん「この仕打ちはちょっと横暴じゃないですかね!?

     ちょっとばかし理不尽なんじゃないかと・・・!」

 Bさん「どの口が言うのかな?」

 Aさん「(怖っ!!)

     い・いや・・・確かに随分遅くなってしまったのは

     申し訳なく思ってるけども・・・」

 Cさん「随分遅くって言うけど、もう夕方よ?

     遅くなるにも程があるでしょ?」

 Aさん「だからすみませんて・・・。」

 Bさん「それじゃ阿部さんの釈明を聞こうか?

     ぼくらが納得するだけの充分にして正当な理由があるんだよね?」

 Aさん「えっ・・・あぁ・・・」

 Bさん「ないならお前はクビだ。」

 Aさん「ちょっと!! 唐突に人事裁量権振りかざさないで!?

     いや・・・まぁ・・・その・・・。」

 Bさん「なによう・・・。」

 Aさん「──あのさ。」

 Bさん「うん。」

 Aさん「今後はもうこう言うことないようにしようと思う。」

 Bさん「何が? 反省じゃなくて遅れた理由を訊いてるんだけど?」

 Aさん「だから、その・・・

     ──ぼくには、向いてないって判ったよ。」

 Bさん「だから何が・・・」

 Aさん「(・・・)

     はい、これ。」

 Bさん「なっなに? 貰っていいの?////

     あ・ありがとう・・・////

     開けていい?」

 Aさん「う・うん。もちろん。」

 Bさん「・・・////」

 Cさん「(わが娘ながらチョロ過ぎて心配になるわ)」

 Bさん「・・・これは・・・ココアクッキー?」

 Aさん「たかがクッキーを焼くのに

     半日も掛かるようじゃ

     今後はやめといたほうがいいかなって。」

 Bさん「(手作り!!!!!!!!???????)」

 まさかのサプライズ。

----------

「Meisters Brief」から自動転送

http://www.studiohs.com/28if/brief/2017/02/21.html